FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が好きな調律師に出逢う




ある調律師に恋をしたのは25歳位の時。当時の友達の調律師だった。
音の取り方のセンスが抜群だった。
その頃私はヤマハDUP-10で練習をしていたのでその方に調律をお願い
する事はなかったが。


今私はグランドピアノのある生活をしていて腕の立つ調律師にみていただいてた。
職人気質な方で私は今でも好きだ。
でも音の取り方が清潔すぎるところが好きではなかった。


私達家族にとって困難を極めたグランドピアノの購入だった。大切なピアノ。
だから変な人に触って欲しくない。どうしよう。
調律師には清潔な音の取り方は好きではないことは伝えたが
改善されることはなかった。


どうしよう・・・。
悩んだ末ある一文に出逢う。


「自分に合う調律師に出逢うまで数打つしかない。」


ほほー、と私は思った。確かにそうかもしれない。
しかしピアノは木管楽器のように簡単には壊れないとはいえ
変なことをされては困る・・・。


つい先日、私には好きな調律師がいた!
忘れてるじゃん!20年も前だから忘れてた!!
フォーリンラブフォーガット!


たまたまその調律師の電話番号がスマホに残っていたので連絡をとって
調律していただいた。
音が整った。やったー!


数打った訳ではないが調律師を変えて良かった。
調律師って相性なんだと思う。結婚と一緒。恋愛とか友達とか。
・・・ね。(*^-^*)




スポンサーサイト
プロフィール

由美

Author:由美
子どもサボり組の大人再開組。今は宇多田ヒカル「花束を君に」ポンセ/バラダ・メキシカーナ、ブラームス間奏曲Op.118-2、アニメの方の坂道のアポロン(文化祭)のジャズピアノ、クラーマー=ビューローOp.60-19、カエルの歌を感動的にしてみた、米津玄師「Lemon」を練習しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
★レッスン再開★
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。